「本サイトのコンテンツには、商品プロモーションが含まれています。」

レッツゴーよしまさはラウンドワンの会社員?仕事をものまね1本にしない理由を調査

本ページはプロモーションが含まれています。
エンタメ

最近バラエティでよく見るレッツゴーよしまささんは「素の志村けん」のものまねが似すぎていると話題です。

彼の志村けんさんのものまねは、故人をよく知る千鳥の大吾さんやアンタッチャブルの柴田さん、磯山さやかさんからも「似すぎていて泣ける」と言わしめるほど。

そんなレッツゴーよしまささん、ものまね芸人が本業ではないというから驚きです。

なんと本業は週5で働く会社員!

となれば、どこの会社で何の仕事をしているのか気になりませんか?

実はレッツゴーよしまささんの勤務先は、あの大手アミューズメント企業のラウンドワンではないかと言われているんです。

ですが、実際のところラウンドワンの会社員なのかはハッキリしていません

この辺は企業も従業員の個人情報をさらす訳にはいきませんしね。

ご本人も会社に迷惑をかけることになるのがわかっているのに社名を明らかにすることはないでしょう。

しかし、会社名は置いておいたとして。

素人からすると、レッツゴーよしまささんならもう十分芸人の稼ぎだけで生活できるんじゃないかと思ってしまいますよね。

なぜ彼はものまね芸人1本に絞らず会社員のポジションを維持し続けているのでしょうか。

今回の記事では‪レッツゴーよしまさが働く大手アミューズメント会社はラウンドワンなのか?

他にどこが考えられるのか?

レッツゴーよしまささんが仕事をものまね1本にしない理由を調査しました。

 

レッツゴーよしまさはラウンドワンの会社員?

レッツゴーよしまささんの勤務先がアミューズメント系企業だということは、ご本人の発言からもはっきりしています。

そのアミューズメント系企業という情報から、大手のラウンドワンが勤務先ではないかとうわさが流れているんです。

ですが、実際のところラウンドワンの会社員なのかはハッキリしていません

 

ラウンドワン以外に考えられる勤務先は?

いくら芸人の仕事が軌道に乗っても「本業」である会社員の仕事を辞める気はないと公言するレッツゴーよしまささん。

そこまで言う「本業」のお仕事とは何なのでしょうを整理してみます。

レッツゴーよしまささんの会社カテゴリは「アミューズメント系」。

ゲームセンターといった店舗の運営がメインのお仕事とのこと。

さらに、レッツゴーよしまささんが行っている仕事内容はアルバイトのシフト作成や景品の発注、クレーム対応など様々。

そして、レッツゴーよしまささんの会社は副業OK。

まだまだ就業規定で副業可にしているところは、中小企業だと少ないのが現状です。

なのでそれが大っぴらにOKになっているということは、アミューズメント業界の大手だということが推測できます。

店舗があってバイトのシフト組んだり景品発注したりする・・

景品の発注ということはゲームセンター??

そんな大手アミューズメント企業でゲームセンターがあるような会社で、パッと思いつくのは

  • ラウンドワン
  • バンダイナムコ
  • コナミ
  • セガ

といったところでしょうか。

もし本当にこんな超大手企業のどれかだったら、結構お給料良さそうですよね。

本業を辞めずに芸人を副業とする気持ちもわかります。

 

 レッツゴーよしまさが仕事をものまね1本にしない理由は

レッツゴーよしまささんは今でも週5で会社員の仕事をしています。

芸人として活動する時は有休の日を取るか、もしくは「本業」の前や後にこなしているとか。

寝る時間ある?!と思ってしまいますが、なぜそこまでして本業を辞めようとしはないのでしょうか。

せっかく売れてきたのに仕事をものまね1本にしないその理由は、芸人という仕事の不安定さにありました。

 

①芸人の不安定さ

芸人さん、芸能のお仕事は水ものとよく言われますが、やはりいつどうなるかわからないという不安定さがネックのようです。

ご本人も、芸人の仕事を本業にするのではなく、会社員をメインに据えて芸人を副業にすることで気持ち的にも余裕が生まれるとおっしゃっていました。

芸人と違って会社員は固定給がもらえて安定・安心できることが大きいですよね。

そのおかげで、モノマネをのびのびやれるのではないでしょうか。

それに、超現実的な話になりますが、社会保険や厚生年金のことを考えても芸人一本より会社に席を置いていた方がいい、という考えのようです。

こういった考えを聞くと、レッツゴーよしまささんの現実的で着実な性格がよくわかりますよね。

 

②ものまね芸人の経費はすべて自己負担

いきなりめちゃくちゃ現実味のある話ですが、ものまね芸人さんはものすごくお金がかかります。

なぜなら、ものまねで使う衣装やかつら、小道具代は全て芸人さんの自前なんです!

え?経費で落ちないの??とかなりビックリしました・・

正直、芸人さんは売れると全国の営業に呼ばれて、めちゃくちゃ稼げるイメージでした(特にものまね芸人さんは意気が長いイメージ)。

しかし、実際は経費がかかりすぎてちょっと仕事が減ってしまうと途端に赤字になってしまうようです。

実際に、レッツゴーよしまささんは学生の頃スーパーのレジ打ちや塾講師などのアルバイトで稼いでいたものの、稼いだお金は全部衣装やかつらに飛んで行ったそうです。

ショーパブで多少のギャラをもらっても経費を除くと大赤字だったとか。

レッツゴーよしまささんの現在のものまねレパートリーはざっと120種類。

衣装だけでもそれだけの数が必要になります。

加えてかつらやヒゲやメガネといった小道具・・

ちなみにかつらは1つで何十万円とするそうです・・。

そんな実情を聞くと、安定した会社員の仕事を辞めないのは非常に堅実だと言えますね。

 

レッツゴーよしまさがはラウンドワンの会社員なのかまとめ

素の志村けんさんのものまねが似すぎていると話題になり、今やバラエティ番組で大人気となっているレッツゴーよしまささん。

そのため当然テレビや営業に引っ張りだこになっているのだろうと思っていましたが、実は会社員が本業なんですよね。

そしてその本業は、アミューズメント業界であり、以前ご本人がテレビでバイトのシフト作成や景品発注と言っていました。

そのことから、レッツゴーよしまささんが働いている会社は大手アミューズメント会社のラウンドワンなのではないか、とうわさが流れていますが、事実はわかっていません。

副業でテレビに出れるほど大っぴらに副業OKにしているということは大手企業で間違いないないのではないかと思いますが・・

そして芸人として売れるまでは本業で働いていても、売れてきたら芸人一本にする方がほとんどである中。

レッツゴーよしまささんは「会社員は辞めない」と公言されています。

なぜものまね1本にして会社員を辞めないのか?

その理由は「芸人の不安定さ」でした。

ものまね芸人はその衣装やかつらといった小道具代も全部自腹ですから、どれだけ芸人の収入が増えてもきっと不安はなくならないんでしょうね。

本業をしっかり続けることで、その経済的な安心感と、安定した基盤を持っているという心の余裕が生まれる。

それが芸人と会社員の二足のワラジを続けさせている理由の一つだと思います。

実はレッツゴーよしまささん、志村けんさん以外のものまねも超ハイクオリティなんですよ!

そのレパートリーは120種類あるそうです。

これからどんどん露出が増えて、もっといろんな人のものまねを見れるようになるのが楽しみですね。

 

タイトルとURLをコピーしました